周回衛星の地上セグメントをシンプルに

最新のプレスリリース

インフォステラ、グローバル企業として在宅勤務体制を軸とする新しい働き方の実現へ

インフォステラは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として2020年2月より在宅勤務や時差出勤を推奨し、3月27日からは全従業員が原則在宅勤務体制へと移行しておりました。しかしながら昨今の情勢を鑑み、従業員ならびに関係者の皆様の安全確保を最優先させるため、今後も在宅勤務を継続し、必要に応じて出社する体制とすることを決定いたしました。

インフォステラ、Airbus Venturesをリード投資家として総額3.8億円の資金調達を実施

周回衛星向けGround Segment as a Service(GSaaS)プロバイダーである株式会社インフォステラは、既存投資家であるAirbus Ventures, Sony Innovation Fundの他、大和エナジー・インフラ株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、三菱UFJリース株式会社を新たに迎え、新株予約権付社債による総額3.8億円の資金調達を実施しました。これにより累積資金調達額は12.4億円となりました。

Azercosmosとインフォステラが 地上局連携契約を締結

アゼルバイジャンの人工衛星運用事業者、Azercosmosと日本の周回衛星向け地上局共有サービスプロバイダーであるインフォステラ(Infostellar)は連携契約を締結しました。本契約によりインフォステラのお客様はアゼルバイジャン共和国東部のアブシェロン半島に位置するAzercosmosの地上局(Azercosmos Ground Station:以下、AGS)からお客様所有の衛星へのアクセスが可能になります。

インフォステラが地上システムの主要メーカー数社とパートナーシップを締結、StellarStationとの連携が簡単に

インフォステラと地上システムの主要メーカー数社は、StellarStationを新たに利用する事業者の連携プロセスを簡単にすることを目的にパートナーシップを締結しました。パートナーとなった地上システムのメーカーは、Innovative…

img_footer-logo
周回衛星の地上セグメントをシンプルに
© Infostellar 2020